ブログアーカイブ

ブログカテゴリー

2015.06.14

社会科見学

IMG_6585先週の木曜日、地元小学校2校の3、4年生が文化会館へ社会科見学に来てくれました。「客席は全部で何席ありますか?」「ホールが出来てどのくらいですか?」「スタッフは何人いますか?」といった小学生らしい質問から
「どういった仕事をしているのですか?」「イベントのないときはお休みなのですか?」といったストレートな疑問まで様々!イベントのないとき休みだったら最高だなぁと思いつつも、そこはきちんと答えなくては!と「みんなは運動会や音楽会の本番まで何をしますか?」の逆質問に「練習!」「準備!」とこれまた素晴らしい返答。(よしよし)続いて「もし練習や準備をせずに本番を迎えたらどうなる?」と聞く担当に「ボロボロになる!」とこれまた模範回答。「そうですよね。ホールも同じです。イベント当日までには様々な準備がありますし、お客さんをたくさん集めるためにチケット販売をしたり、宣伝をしたりとやることがたくさんあるんです。そうしないとイベント当日に大慌てすることになりますよね。何事も準備は大切ですからね」の言葉に真剣に耳を傾けてくれる小学生たち。みんな素直で可愛らしいですね。
続いて4人ほどのグループに別れてもらい、実際ホールではどんな仕事をするのかというのを、舞台、音響、照明、ピンスポットの各ポジションに就いてもらい、簡単な舞台作りの疑似体験。先生とノリのいい生徒さんに出演者役をやってもらい、自分たちが実際にやるのと同じように頭にインカムを装着し・・・
「幕が上がりまーす!」「音かけてくださーい!」「照明お願いしまーす!」「ピンスポット当ててくださーい!」と小学生裏方さんたちが大活躍。普段なかなか入ることのない部屋に入っただけではなく、実際にイベントを仕切る側を体験出来たということで、短い時間とはいえこの日いちばんの盛り上がりを見せた舞台裏方体験でした。「次からイベントを見るときは、今舞台ではきっとこういう指示を出しているんだなって裏方さんの動きも分かるね」と最後に付け加えさせて頂きました。みんないい顔してますよね。またいつでも来てくださいね!

2015.04.04

映画 あらうんど四万十 上映会

撮影<今日はお隣四万十市を舞台にした映画あらうんど四万十土佐清水上映会。
オープニングに地元アイドルグループSSD38のダンスパフォーマンス、そして上映後には関係者の舞台挨拶もありました。さらに!本市出身で本作にも主題歌などを提供しているシンガーソングライター、さかいゆうさんからのビデオメッセージも届き、上映に華を添えてくれました。ツーライス大ちゃんの演技も最高でしたよ!

2015.04.02

映画あらうんど四万十 上映会迫る!

DSC_0051久しぶり過ぎる更新で申し訳ありません。 今年度こそ本コーナーにも力を入れていきます!さて、今週土曜日にオール四万十ロケが敢行された映画あらうんど四万十が当会館にて上映されます。 という訳で会館正面玄関もあらうんど仕様(どんな仕様?)に衣替え。映画には皆さんご存じツーライスの大ちゃんも出演しており、当日は上映前にご当地アイドルSSD38のダンスパフォーマンス、上映後には関係者の舞台挨拶など、土佐清水上映らしさ満載の内容となっていますので、皆さまお誘い合わせのうえ、ぜひご来館くださいね!

2014.11.13

避難訓練

004多くの方が出入りする当会館は特殊建物というカテゴリーに入り、様々な規定や法的な規制が多く設けられた施設です。今回はそうした会館でのコンサート中に火災が発生したという想定のもとで土佐清水市消防署職員主導のもと避難訓練が行われました。もちろん、そういった事故や火災が発生しないことがいちばんなのですが、備えあれば憂いなしという状況を作るには常日頃より防災意識を高く持ち続けることが大切です。(決して忘災にならないように!)今回は担当も”逃げ遅れたスタッフ”というありがたい大役を頂きまして訓練に参加させて頂きました。そのおかげもあり、普段気付かなかったことや改善や修繕が必要なヶ所を発見することなども出来ましたので、ホール側としてもたいへん有意義な訓練になったと思います。これからもこうした訓練や取り組みは積極的に行い、市民の皆さんが安心して来館することが出来るホール運営に努めていきたいと思います。

2014.10.28

さかい先輩からのエール

さかいゆう熱狂のライヴ終了からはや3日、たくさんの方から「良かった!」「最高!」「また来年も!」というありがたい生の声も数多く頂いております。
さて、今回は本ブログのタイトルどおり裏話をひとつ。ご存じのようにさかいゆうさんは本市出身であり、小学校は清水小学校、中学校は清水中学校に在籍。小学校を卒業したのは今から23年ほど前になるのですが、今回のライヴ前日その清水小学校の教頭先生より担当にひとつのハチマキが届けられました。よく見るとマジックで「4の2酒井ゆう」の文字が。何でも数日前に行われた陸上記録会のあと、ある児童が先生に「これって今度清水に来る人じゃないですか?」と持ってきたそうです。
児童に言われて先生も「おお」となったそうですが、どういう経緯で25年前さかいゆうさんが使ったであろうハチマキが今も学校にあるのかまでは分からなかったそうで「寄付かなぁ」と申しておりました。でもこれ絶対ネタとしては面白い!と思った担当はライヴ前さかいさん本人にこのハチマキを渡し、事情をお話しましたが本人曰く「確かにクラスは4-2でしたけどこれ僕の字じゃないなぁ。母親ですね。25年前ですからね。(どういう経緯で今も学校にハチマキがあるのか)さっぱり分かりません」と苦笑い。
実はこのハチマキ、ライヴ中にネタのひとつとして使われる予定だったのですが、本人忘れてたようで(凱旋公演ですからね、しゃべりたいことたくさんあったと思うのでまあ仕方ないです/笑)でもしっかり持っておいてくれて、打ち上げの席にてサインとともに「走れ!」のメッセージも追記してくれました。「サイン入りのハチマキを学校に飾っておきたいみたいですよ」という担当に「いやいや、これからも使ってくださいよ」と本人も話していたように、短い言葉の中には立ち止まることなく前へ(そして夢へ)向かって走れ!というさかい先輩の熱いエールが込められているように思った担当でした。
ぜひ来年度以降は、このサイン&メッセージ入りハチマキを締めて走る清水小学校児童の姿が見たいものですね!
<< BACKNEXT >>